洗顔石鹸を選ぶ時に無添加にこだわる理由

洗顔石鹸には無添加のものと無添加ではないものがあります。
洗顔石鹸は全て無添加のものだと誤解している方もいますが、無添加ではない製品も多くありますので洗顔石鹸を選ぶ際には成分に注目するようにしてください。
無添加とは、英語で「additive-free」と言います。
特定の物質が含まれていないことを意味していて、石鹸の場合は防腐剤や着色剤、香料などが含まれていないものを指しています。

防腐剤や着色剤、香料など本来石鹸に必要のないものたちは肌にとって刺激を与える存在です。
防腐剤や着色剤、香料によって特に敏感肌の方では肌トラブルに悩まされやすくなってしまいます。
無添加のものでは肌を清潔にするための成分だけで作られているので、余計な刺激を肌に与えることがありませんので、刺激に敏感な赤ちゃんの肌でさえしっかりと洗うことが出来るのです。
これは合成界面活性剤という洗浄力を高める成分が配合されていないため、余分な皮脂のみを落とすことが出来るためです。
そのため洗い流した際にいつまでも泡が残っているようなこともありません。
また無添加せっけんは余分なものが配合されていないため環境にも優しいものになっています。

せっかく肌に優しい洗顔石鹸の利用を考えているのであれば、無添加のものを選ぶに越したことはありません。
洗顔石鹸を利用する方は肌への刺激が少ないものを利用し肌のターンオーバーを整えたいと思っている方が多いでしょう。
こうした効果を十分に発揮してくれるのが無添加の洗顔石鹸だというわけです。

無添加の洗顔石鹸を選ぶ際にも配合されている成分は確認するようにしてください。
無添加という表示には定義がないため、防腐剤は含まれていないけれど合成界面活性剤は含まれていたり、合成界面活性剤は含まれていないけれど着色剤や香料はたっぷり配合されているということもあるためです。
無添加の洗顔石鹸は肌や環境に優しいです。
自分に合った無添加の洗顔石鹸で肌の状態を整えてください。

 

⇒洗顔石鹸のランキングはこちら