洗顔石鹸はニキビに効果あり?

洗顔石鹸はニキビに効果があります。

洗顔石鹸がなぜニキビに効果があるのかを理解するためには、ニキビの仕組みについて理解すると良いでしょう。
ニキビは毛穴が角質や汚れ、皮脂によって詰まってしまうことによって、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことが原因出来ます。
毛穴の中に皮脂が溜まってしまうと、そこに肌の常在菌が増殖してしまいます。
これによって肌が炎症を起こすことでニキビは痛みや赤みを伴ってしまうことになるのです。

つまりニキビは毛穴が詰まってしまうことを防ぐことが大切なのです。

洗顔石鹸は毛穴の詰まりの原因となる角質や汚れ、皮脂を洗い流してくれますのでニキビ予防やニキビの改善に効果的なものだと言えます。
洗顔石鹸は弱アルカリ性ですので角質を除去する能力があるのです。
また同時に汚れや皮脂もしっかり洗い流してくれますので、さっぱりとした洗いあがりになります。

洗顔フォームとは違い合成界面活性剤が含まれていませんので、泡切れも良く肌に余分なものを残しません。

ただし注意してほしいのは洗顔後のケアです。
洗顔石鹸は皮脂汚れもしっかり洗い流してくれるのでさっぱりとした使用感ですが、このままの状態だと肌が乾燥し余分な皮脂を分泌してしまいがちです。
そのため洗顔後はしっかりと保湿するようにしてください。

洗顔石鹸はニキビ予防に効果がありますし、ニキビの改善に有効的ではありますが治療として行うものではありません。
そのため長引くニキビや炎症を起こしてしまったニキビの場合は医師に相談するべきでししょう。

洗顔石鹸の中にもニキビに特化しているものもあるようですので、ニキビが気になる場合にはそのような石鹸を利用してみるのも良いのではないでしょうか。
ホルモンバランスが乱れるとニキビが出来やすい環境が整ってしまいがちですので、注意して日頃からケアを行いましょう。

 

⇒洗顔石鹸のランキングはこちら