洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを知っているでしょうか。

洗顔石鹸が固形で洗顔フォームは半練り状だと思っている方も多いでしょう。
しかし半練り状の洗顔石鹸もありますし、粉状の洗顔フォームもあります。
また粉状の洗顔石鹸もありますし、泡状の洗顔フォームもあります。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いはその形ではなく成分なのです。
洗顔石鹸と洗顔フォームの大きな違いは合成界面活性剤が配合されているか否かです。
洗顔石鹸には基本的に合成界面活性剤は含まれていません。
洗顔フォームの場合には合成界面活性剤が含まれています。

合成界面活性剤は洗浄力を高めるための成分です。
皮脂などの汚れと馴染んでよく洗い流すことが出来るのです。
油と水を馴染ませる役割をするものと考えると分かりやすいのではないでしょうか。

合成界面活性剤は洗浄力が高く、汚れをしっかりと洗い落してくれる反面で肌にとって大きな刺激となります。
そのため肌トラブルの原因になってしまうこともあるのです。
皮脂分泌過剰を招いたり、毛穴の開きを作ってしまったりすることが考えられます。

洗顔石鹸では合成界面活性剤を配合していません。
合成界面活性剤の代わりに脂肪酸カリウムや脂肪酸ナトリウムなど天然由来の成分が含まれています。

洗顔石鹸は弱アルカリ性で洗顔フォームは弱酸性のものが多いという違いもあります。
肌は弱酸性ですので同じ弱酸性を利用する方が肌の状態を保つためには有効的だと言われています。
弱アルカリ性は角質を溶かす性質があることが分かっています。
合成界面活性剤を含まない洗顔石鹸では弱アルカリ性の性質によって肌のターンオーバーを整えています。

洗顔石鹸と洗顔フォームにはこのように大きな違いがあるのです。

 

⇒洗顔石鹸のランキングはこちら