洗顔石鹸の効果

洗顔石鹸を利用することで得られる効果は肌のターンオーバーを正常な状態に近づけるということでしょう。
洗顔石鹸はただ単に皮脂汚れを毛穴から掻き出すわけではありません。

肌は弱酸性という言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
この言葉通り、肌は弱酸性です。
弱酸性の肌のため弱酸性の洗顔石鹸が多く販売されています。
弱酸性の肌に弱酸性のものを利用すれば弱酸性同士ですから刺激し合うことがないためです。

洗顔石鹸は肌に優しいと言われることが多いですから弱酸性なのかと言えば違います。
特殊な加工によって弱酸性にしたものでない限り、洗顔石鹸は弱アルカリ性です。
弱酸性と言う言葉は良く耳にしても弱アルカリ性という言葉を耳にする機会は少ないですから、それだけで何か肌に悪いような印象を抱く方もいますが、温泉の中にもアルカリ性のものは多く存在します。
アルカリ性は肌の角質を除去する力があると言われています。
アルカリ性の温泉は美肌を作るとも言われていて人気があります。

弱アルカリ性の洗顔石鹸にも古い角質を除去する力がありますので、肌のターンオーバーを整えることが出来るのです。
そのため肌のくすみに効果があると言われていますし、ニキビなどターンオーバーの乱れによる肌あれ改善効果もあるでしょう。

弱アルカリ性は性質上、乾燥を引き起こしやすいですので保湿成分が配合されている洗顔石鹸の場合も保湿ケアには力を入れるようにしましょう。
そうすることでより肌の状態が整い、効果を実感することが出来るようになるはずです。

弱アルカリ性は肌にとって刺激になることは確かです。
しかし、その刺激こそが肌のターンオーバーを整えてくれるものになっています。

 

⇒洗顔石鹸のランキングはこちら