洗顔石鹸の選び方は慎重に!

皆さんは洗顔をどのような方法で実施していますか?

sengan

 

・洗顔フォームで丁寧に洗う?
・体を洗っているボディソープをそのまま使う?
・普通の石鹸でゴシゴシ?

実は洗顔石鹸の選び方や洗い方でかなりの差が出ることをご存じでしょうか。

「顔は性格を表す」などと言われることもあります。
いくら素晴らしい性格をしていても顔が汚かったら台無しです。
それくらい顔は人間にとって重要なパーツなのです。
顔でその人のイメージの半分以上が決まると言っても過言ではありません。

当サイトではおすすめの洗顔石鹸を紹介し、おすすめの洗顔石鹸の選び方を解説していきます。
ご紹介する選び方が美容に気を配る皆さんの参考になれば幸いです。

 

洗顔石鹸ランキング ~当サイトおすすめ~

 

どろあわわ

doroawawa2

汚れ落とし
品質
価格
サポート
管理人推し
総合点
20点
20点
19点
19点
20点
98点
どろあわわは洗顔フォームのように見えますが、実は洗顔石鹸です。
実際にどろあわわの公式サイトを見てみると「どろ豆乳石鹸」と記述してあります。
最近はテレビCMなどででもおすすめされているので、ご存じの方も多いでしょう。
どろあわわを一言で言い表すと「洗顔石鹸と洗顔フォームのメリットを兼ね合わせている美容商品」だと言えます。
実際にどろあわわを手にしてみるとわかりますが、泡が洗顔フォームのように柔らかくなくてかなり濃密です。
このずっしり重い濃密な泡が顔の汚れを根こそぎ落とし、しかも保湿効果もあるという優れものなんです。
どれほどどろあわわが効果があるかは各種美容系ランキングで第1位を獲得していることからもわかります。
驚異のリピート率98%を誇っているどろあわわは、当サイトからも自信を持っておすすめできる洗顔石鹸です。

arrow4
button

 

米肌

maihada

汚れ落とし
品質
価格
サポート
管理人推し
総合点
19点
19点
20点
18点
18点
94点
米肌は「まいはだ」と読むそうですが、その名前の通り米の成分が効果を出す石鹸です。
お米を長時間発酵・熟成して作り出したライスパワーN0.11がツヤツヤのお肌へと変身させてくれます。
このライスパワーが毛穴の汚れをしっかりと落としながら、さらに保湿をしてくれます。
その結果、毛穴がまったく目立たなくなり、自ら潤いを創り出すお肌へと変化できるのです。
この米肌のすごいのは効果だけではなく、なんと格安のトライアルセットがあるんです。
14日分もお試しができ、中身は石鹸・化粧水・エッセンス・クリーム・化粧水マスクと5点もついて、お値段がなんと税込み1,500円で送料無料
こんなに超お得なトライアルセットで米肌がお肌に合うかを試してみることができるので安心ですね。
最近は米肌の人気も急上昇してきて、多くの女性雑誌などにも多数掲載されています。

arrow4
button

 

Non A. ノンエー

non-a

汚れ落とし
品質
価格
サポート
管理人推し
総合点
18点
18点
17点
18点
17点
88点
Non.Aノンエーはニキビに効果のある薬用洗顔石鹸です。
ニキビで悩む女性は多く、女性の約8割がニキビで悩みを抱えたことがあると言われています。
ノンエーは思春期ニキビや大人ニキビなど、どんなニキビにも幅広く効果を発揮しますので、多くの年齢層の方に大人気です。
実はノンエーは実際の店舗では対面販売をしていない美容商品です。
しかし、なんと口コミだけで累計販売工個数が20万個を突破するという快挙をなしとげています。
やはりノンエーが実際にニキビの効果があることが実証されたわけです。
もちろん香料や着色料、そのほかお肌に刺激のある成分はいっさい使用していませんので、安心してお使いいただけます。
お肌をツルツルの若い状態に保ちたい方や、ニキビお悩みの方には、ノンエーは最適な洗顔石鹸なのです。

arrow4
button

 

洗顔石鹸って普通の石鹸とどう違うの?

石鹸と一口に言っても多くの種類があります。
顔を洗うための石鹸が洗顔石鹸ですが、体を洗うための石鹸は浴用石鹸などと呼ばれることもあります。

実は洗顔石鹸と普通の石鹸には明確な違いはありません。
洗顔石鹸として販売されて入れば洗顔石鹸ですし、浴用石鹸として販売されていれば浴用石鹸になるのです。

明確な違いはないものの洗顔石鹸と石鹸を比べてみると、保湿成分の有無によって分類されていることが分かります。
洗顔石鹸には保湿成分がたっぷり配合されているものが多く、石鹸では保湿成分が配合されていない場合が多いです。
配合されている場合であっても洗顔石鹸と比べるとその配合量はわずかです。
やはり洗顔をする時の石鹸の選び方としては、洗顔石鹸を選ぶほうがおすすめです。

 

soap

 

顔は体の中でも非常にデリケートな部分です。
そのため石鹸で顔を洗ってしまうと必要以上に皮脂を取りすぎてしまい肌が引きつるような感じがしたり、それだけではなく余分に皮脂が分泌されるようになってしまいます。

洗顔石鹸で体を洗えないわけでも石鹸で顔を洗えないわけでもありません。
これらはどちらも肌を洗うために作られているものです。
しかし洗顔石鹸でからだを洗うと洗浄力が不足しがちですし、石鹸で顔を洗うと肌が引きつるほど皮脂を落としてしまう可能性が高いです。

もちろん洗顔石鹸の中にも洗浄力の高いものもありますし、石鹸も保湿成分を多く配合しているものも存在しています。
繰り返しになりますが洗顔石鹸と石鹸には決定的に異なる成分が配合されているようなことはなく、成分の割合が異なる傾向が強いというものになっているのです。

洗顔石鹸や石鹸には多くの種類がありますので、選び方としては自分自身の体質に合ったものを選ぶのが一番よさそうです。
どんな肌質の場合でも顔と体では皮脂の量も肌の強さも異なりますので、選び方を慎重に吟味して、洗顔石鹸と石鹸は別のものを利用することをおすすめします。

 

洗顔石鹸の選び方

洗顔フォームではなく洗顔石鹸を選ぶ方の多くは、肌に優しいものを利用したいと考えているのではないでしょうか。
洗顔石鹸の大きな特徴が肌に優しいという点なのです。

良い洗顔石鹸の選び方としては洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを理解すると良いです。
洗顔石鹸は固形石鹸のことだと思っている方も多いですが、洗顔石鹸は単に固形のものという意味ではなく天然成分を中心に作られている製品ということになります。

 

soap1

 

そのため洗顔石鹸の選び方で注目したいのは、その成分になります。
特に合成界面活性剤が含まれているかどうか確認のがおすすめの方法です。

合成界面活性剤は洗顔フォームやクレンジング剤などに多く含まれている成分で、化粧品や皮脂という油を水に馴染ませることが出来るためよごれを落とす作用があると言われていますが、この洗浄力は大きなもので肌の負担になり肌トラブルを引き起こす原因とされています。
洗顔石鹸では天然成分を中心に作られていますので、合成界面活性剤が含まれていないかどうか確認することをおすすめします。

そして合成界面活性剤の有無の次に注目する点としては、泡立ちの良さです。
洗顔石鹸は合成界面活性剤が含まれていないため泡立ちが良くないことも少なくありません。
泡立ち用ネットなどを利用することでカバーすることが出来れば良いですが、泡のたたない状態で顔を洗うと肌にとって大きな負担になってしまいます。

濡れた状態の肌というのは考えているよりも刺激に弱いものなのです。
そのため泡立ちが良いことも洗顔石鹸の選び方の決め手になると言えるでしょう。

 

face-wash

 

洗顔石鹸の選び方としては、その成分と泡立ちに着目するというのが基本です。
その他では自分の好きな香りのものなどを選ぶのがおすすめです。
洗顔石鹸の選び方は難しいものではないのです。

洗顔石鹸の効果

洗顔石鹸を利用することで得られる効果は肌のターンオーバーを正常な状態に近づけるということでしょう。 洗顔石鹸はただ単に皮脂汚れを毛穴から掻き出すわけではありません。 肌は弱酸性という言葉を耳にしたことがある方は多いのでは […]

「洗顔石鹸の効果」の続きを読む